top>体験報告>2017/4/23

2017/4/23(日) 「菊石」の浦野合資 酒蔵開放に参加しました。

 

元治元年(1864年)三河の霊峰・猿投山の天然記念物「菊石」の名を崇敬する猿投神社より拝受し、代表銘柄として猿投村(現:豊田市)に創業致しました。以来150年、伝統的な手造りの味を大切にしながら、多くの皆様と地酒を通じて出会える新たな機会を試みています。
(ウェブサイトから引用)

そんな浦野合資さんに行ってきました。

浦野合資会社
愛知県豊田市四郷町下古屋48

ブログ:https://blogs.yahoo.co.jp/kikjt2

蔵は、愛知環状鉄道「四郷駅」から徒歩で向かいます。

駅からは徒歩で10分くらいですが、案内があるので安心です。

蔵は旧飯田街道沿いにあり、素敵な佇まいです。

蔵の中は自由に見学ができ、酒造りの行程説明が各所に掲示されています。。

タイミングが合えば、杜氏自らの説明も聞けます。

外に出れば、五平餅やソーセージ、焼きそばや唐揚げ等のほか、わらび餅や酒粕シフォンケーキといったスイーツもあります。

他にも、お酒のラベルをその場で書いてくれる手書きラベル本醸造の販売や、チェロのミニコンサートなど盛りだくさんです。

甘酒のふるまいやお土産コーナーもあって、たっぷり楽しめました。。

今回からお酒のふるまいは無くなり、試飲はすべてチケット制になりました。それでもとても多くの方たちが集まってきて、やはり地元に愛されているお酒なんだなと感じました。


次回は皆さんも参加されてはいかがですか?

 

最後に、とってもいい天気でした。

(報告:H)

 

〔戻る〕