top>体験報告>2011/3/5

2011/3/5(土)御代桜醸造『酒蔵開放 2011』、『第2回 犬山城下町 あったか鍋と地酒まつり』に参加しました。

 

明治二十六年の創業以来、百有余年…中山道五十一次の太田宿は、飛騨、木曽両川の合流点直下の木曽川畔に位置し、中山道の三大難所「木曽の桟、太田の渡し、碓氷峠がなくばよい」と馬子唄にもある急流・太田の渡しのあった宿場で、現在も太田宿の面影を色濃く残す一角に、御代桜醸造はあります。中山道御料林のいかだ乗りや街道を行き交う数多くの人々に『天の美禄、百薬の長』として愛され親しまれてきた清酒、御代櫻。「加茂神社の東南の泉田という所に清冽な清水が湧き出ていた」、「大化の改新より前、鴨の里の県主の一族が水取りの伴に選ばれて、大和朝廷に水を奉っていた」という古伝の史実もみられるなど、水の清冽な岐阜美濃加茂は、酒造に絶好な気候風土を具備した適地といえるでしょう。

銘柄の『御代櫻(みよざくら)』は、古来から日本人が愛してきた桜の花の五弁花を日本酒の『甘・辛・酸・苦・渋』の五味五感の調和の象徴として、また八重咲きの桜である十弁花を酒の十徳を表すものとして、酒造に携わる幸せを桜に託し、日本民族の未来永劫の弥栄を祈念して命名されました。

(サイトから引用)

そんな御代桜醸造さんに行ってきました。

御代桜醸造

岐阜県美濃加茂市太田本町3-2-9
TEL.0574-25-3428 FAX.0574-25-7579

 

蔵へはJR高山線美濃太田駅から行きます。

歩いて10分ほど、あっという間に到着です。

奥へ進めば、酒造りの様子が紹介されています。

麹の見本です。精米された酒米の紹介はよくありますが、種麹を実際に触ることができるのは珍しいです。

酒を搾る「ヤブタ」や「槽」も見ることができます。

蔵開放限定販売の酒も試飲できます。

瓶を購入して、その場で量り売りです。

タンクが並ぶところは、なんとも幻想的な空間になっています。各務原在住の書家、遠藤泉女(ENDO Sennyo)さんの書にウットリです。

こちらでは、杜氏さんの年齢が入った限定酒が8年分ディスプレイされています。酒のラベルは先程の遠藤さんが書いているそうです。

蔵の中の「SAKE Bar みよざくら」。

試飲できるお酒は

  1. 純米吟醸 無濾過生原酒 20BY
  2. 純米吟醸 無濾過生原酒 21BY
  3. 醇幸純米酒「冷や」と「燗」の飲み比べ
  4. 梅酒 大吟醸仕込み
  5. 20年熟成米焼酎 美濃屋松五郎43度
  6. SAKEハイボール
  7. 純米大吟醸 雫酒 舞開 21BY
  8. 大吟醸 15年秘蔵原酒

ジャズが流れているのもお洒落です。

7、8は有料試飲。各1杯(70ml)300円で、ガラスの盃に注がれます。

蔵内の別の場所では「射的」もありました。豪華景品を前に、コルク銃が火を噴くぜ!?

蔵の外ではお買い物コーナー。綿菓子・甘酒の振舞いや、吟醸酒粕・SAKEロールケーキ・吟醸酒粕羊羹・酒米米粉パンなどいろいろ売ってます。

1,000円お買い上げごとに1回、ガラポン大抽選会。何が当たるかはお楽しみ。

私もティッシュが大当たり!たっぷり楽しんで、次のイベントへ移動しました。

 

 

〔戻る〕