top>活動状況>定例会2019年>12月

日本酒の会 sake nagoya 「定例会」の報告

日時:2019年12月20日(金)
場所:旬彩処かのう(名古屋市中区三の丸一丁目)
テーマ:「大吟醸」
参加者:52名

 

今回のお酒(順不同)
銘柄
/ 種別
/ 使用米・精米歩合
製造
(産地)
購入
価格
把握する
銘柄取扱店舗
参加者のコメント
忠愛
中取り純米大吟醸 しずく酒斗瓶囲い
播州愛山 ・ 50%
富川酒造店
(栃木県)
3,960
(1.8L)
調査中
食前酒、なめらか、香酒、カプ、すっきり、優しい甘さ、キレが良い、コク、フルーティ 12
赤武
純米大吟醸 結の香
国産米 ・ 40%
赤武酒造
(岩手県)
7,480
(1.8L)
吉田屋、 酒泉洞堀一、 荒川酒店
マスカットの香り、爽やかな味、すっきり、甘いがキレ良し、綺麗、ジューシー、食事に合う 5
早瀬浦
大吟醸
兵庫県産山田錦 ・ 30%
三宅彦右衛門酒造
(福井県)
8,424
(1.8L)
サケハウス
スッキリ、甘くフルーティ、丸み、華やか、食中に良し、カプ、旨み、ふくよか、力強さ 13
雪の茅舎
純米大吟醸 聴雪
兵庫県産山田錦 ・ 35%
齋彌酒造店
(秋田県)
16,200
(1.8L)
丸内酒食品、 名槌屋、 知多繁 広がりあり、上品、フルーティ、マスカットの香り、すっきり、さっぱり、カプ系、渋みで締める 7
而今
大吟醸
兵庫県産山田錦 ・40%
木屋正酒蔵
(三重県)
11,000
(1.8L)
酒仙洞堀一 優しい甘み、ソフトな口当たり、さっぱり、すっきり、五味のバランス良し、体温でふくらむ、キレ良し 1
蓬莱泉
純米大吟醸
国産米 ・ 50%
関谷醸造
(愛知県)
-
(1.8L)
非売品 甘くてさっぱり、さわやか、透明感、あっさり、やさしい、料理に合う、上品、ライトボディ 11
豊盃
純米大吟醸
国産米 ・ 39%
三浦酒造
(青森県)
8,030
(1.8L)
富屋酒店 やわらか、きれいな味、スッキリ、ヨーグルト、軽い、ふくらみ、キレ良し、スピード感あり 4
花の香
限定純米大吟醸 桜花 磨き弐拾
山田錦 ・ 20%
花の香酒造
(熊本県)
10,800
(1.8L)
吉田屋 トロミ、木香、ふくよか、まったり、苦酸っぱい,、キレとコク、優しい味、食事に合いそう

2

御前酒
純米大吟醸 馨
岡山県産雄町 ・ 50%
辻本店
(岡山県)
5,400
(1.8L)
酒仙洞堀一 さっぱり、ヨーグルト、あっさり、甘渋のバランス良し、食中酒、酢イソ、すっきり、まとまり 3
鍋島
純米大吟醸
山田穂 ・ 40%
富久千代酒造
(佐賀県)
10,476
(1.8L)
酒泉洞堀一 ややガス感、バナナのような甘み、フレッシュ、丸み、後味やや苦、キレ良し、食中酒 6
菊水
純米大吟醸 原酒
新潟県産菊水 ・ 40%
菊水酒造
(新潟県)
11,000
(1.8L)
調査中 ふくらみ・トロリ感あり、体温でふくらむ、米菓子、ドライ、甘苦い、上品な香り、まとまり 8
七本鎗
大吟醸 搾りたて生原酒
山田錦 ・ 40%
冨田酒造
(滋賀県)
8,640
(1.8L)
中島屋、 森正商店、 オオタケ 旨みたっぷり、フルボディ、ふくらみ、バナナ香、リンゴ、バランス良し、甘口で飲みやすい 9
花の舞
純米大吟醸
静岡県産米 ・ 50%
花の舞酒造
(静岡県)
5,500
(1.8L)
調査中 スッキリ、梨、さらさら、飴のような甘み、酸味のきいた食中酒、やや熟系、やや重いかも 10

五味

特徴

(注)この評価は、単に参加者の感想を集計したものであり、他意はありませんので、ご了承ください

(コメント)

12月定例会、お楽しみいただけたでしょうか。
テーマは年末恒例の「大吟醸」。普段なかなか手に取ることができないお酒が13本揃いました。
毎回、前半はブラインドで楽しみますが、皆さんの好みはさまざまで、人気の集まるものが決して値段では無いところも面白いですね。

さて、定例会では大事な発表がありました。
消費税が5%の頃から定例会の会費は通常3,000円で頑張ってきましたが、諸物価高騰の折、2020年1月定例会から通常会費を4,000円にさせていただきます(特別なテーマの際は、今までどおりその都度会費を設定します)。
これからも続けていくため、ご理解いただけたら幸いです。

引き続き、日本酒会 sake nagoya をよろしくお願いいたします。

みなさん、酔いお年をお迎えください!



今月のテーマは「大吟醸」。肴はマグロの中落からスタートです。


豪華なお酒が揃いました。


三重のマハタの鍋です。


フグの竜田揚げ。


旨さに参加者も和気あいあい。


〆は、鍋の出汁でうどんです。来月もよろしく!

戻る