top>活動状況>定例会2014年>1月

日本酒の会 sake nagoya 「定例会」の報告

日時:2014年1月17日(金)
場所:旬彩処かのう(名古屋市中区三の丸一丁目)
テーマ:「新酒しぼりたて」
参加者:50名

 

今回のお酒(順不同)
銘柄
/種別
/ 使用米・精米歩合
製造
(産地)
購入価格
把握する
取扱店舗
参加者のコメント
一歩己
無濾過純米生原酒
美山錦 ・ 60%
豊国酒蔵
(福島県)
2,600
(1.8L)
調査中
やや抑え目のメロンのような香りがある。穏やかで上品な甘味を控え目な酸味が優しく包む。旨味は細めで意外と軽く、最後は苦味を伴い優しく切れていく。
尾瀬の雪どけ
純米大吟醸澄酒 本生
五百万石 ・ 50%
龍神酒蔵
(群馬県)
3,150
(1.8L)
調査中
透明の酒色。中程度の香りがあり、甘味、酸味のバランスが良い。旨味も中程度で穏やかでさらっとしている。最後は柑橘類を思わせる苦味を残して引いていく。
寫楽
純米吟醸 生酒
ささめゆき ・ 50%
宮泉銘醸
(福島県)
3,150
(1.8L)
調査中
薄い黄金色の酒色。少し炭酸感がありメロンやバナナを思わせる華やかな香りがある。甘味が強いが、酸味もある。旨味もしっかりしており、くっきりした印象。少しの苦味を残し切れていく。
旭鳳
特別純米酒 仕込み第一号生
中生新千本・ 60%
旭鳳酒造
(広島県)
2,200
(1.8L)
久田酒店
黄金色の酒色。メロンを思わせる華やかな香りがある。甘味とバランスのよい酸味が口いっぱいに広がる。高アルコールによる辛味とたっぷりした旨味やコクも感じられる。最後は苦味を伴い切れていく。
仙禽
雪だるま しぼりたて活性にごり酒
- ・ 50%
せんきん
(栃木県)
2,700
(1.8L)
オオタケ、富屋酒店、酒泉洞堀一
細かくモロミを砕いた濁り酒。炭酸感があり麹の香がある。甘味は意外と少なく酸が高めで意外とあっさりしている。辛口で切れも良い。
嘉美心
純米吟醸生酒 冬の月
日本晴 ・58%
嘉美心酒造
(岡山県)
3,150
(1.8L)
日本名門酒会加盟店
やや黄金色の酒色。香りは中程度で優しい甘味を感じる。少しトロミがあるが、さらっとしている。最後は苦味を伴った爽やかな酸味で儚く消える。
天鷹
特別本醸造 しぼりたて生酒
五百万石 ・ 60%
天鷹酒造
(栃木県)
2,625
(1.8L)
調査中
ごく薄い黄金色。バナナや接着剤を思わせる香りがある。最初アルコールの辛味を感じるが、穏やかな甘味が後に続く。強い旨味が広がり余韻は長い。
琥泉
純米吟醸 しぼりたて無濾過生原酒
山田錦 ・ 60%
泉酒造
(兵庫県)
2,850
(1.8L)
調査中
やや黄金色の酒色。少しの炭酸感と低目だがフルーツを思わせる香りがある。バランスよく甘味、酸味が配され、旨味も中程度で比較的軽い。少し雑味感が感じられるような気もするが、最後は苦味を伴いきれいに切れていく。
生道井
本醸造 新酒槽搾り生酒
- ・ 70%
原田酒造
(愛知県)
2,400
(1.8L)
松坂屋名古屋店、酒泉洞堀一
モロミの香りやメロンの香りがある。甘味、酸味とも控えめでバランスをとる。旨味も少なく最後は苦味を残しスッパリ切れる。
初亀
本醸造 荒ばしり生酒
雄山錦 ・65%
初亀醸造
(静岡県)
2,100
(1.8L)
シバタ、森正商店、酒のきまた他
薄にごりの黄金色の酒色。少し炭酸感があり、甘味、酸味、旨味とも少なく軽い。最後は苦味が口の中に広がりスッキリ切れる。少し違和感のある匂いがあるかも。
義侠
五百万石純米原酒60%生酒
五百万石 ・60%
山忠本家酒造
(愛知県)
2,520
(1.8L)
サケハウス、 シバタ、 知多繁他
ごく薄い黄金色。木や接着剤を思わせる香りがある。甘味や酸味も程よく旨味もまた程々でさっぱりしている。最後は苦味を残しスッパリ切れる。
白岳仙
しぼりたて純生 中取り
五百万石 ・ 55%/58%
安本酒造
(福井県)
2,980
(1.8L)
富屋酒店
やや黄金色の酒色。軽いバナナや木を感じさせる香りがある。甘味と酸味のバランスが良く旨味は少な目でさっぱりしている。最後は苦味や渋味が口に残る。


五味

特徴

(注)この評価は、単に参加者の感想を集計したものであり、他意はありませんので、ご了承ください

 

(コメント)
「新酒しぼりたての酒」お楽しみいただけたでしょうか。搾ったばかりのお酒は、僅かに残るモロミの香り、そして華やかな吟醸香を楽しむもの。今回のアイテムも期待に違わず、十分その若々しい魅力で私たちを楽しませてくれました。ただ、一つ一つを注意してみれば、味のまとまりに欠けたり、渋かったり。まだまだ若さを感じるものでした。しかし、そんなお酒も日々少しずつ熟成を重ね、やがて大きく成長していきます。
季節の移ろいの中で成長していくお酒のように、本年も定例会参加の皆さんとともに成長し、また楽しんでいきたいと思います。
引き続きsake nagoyaの活動にご協力いただきますようお願いします。
さて、次回の定例会は昨年の11月に引き続いて「燗酒」。実は燗酒は特徴がつかみにくく、コメントを書くのが大変なのですが、それはそれとして。
是非お楽しみに。(T)

 

今月のテーマは「新酒しぼりたて」。1月らしい肴でスタート。 まさに季節のお酒。 牛筋の土手煮。いいですね。
日本酒の輪が広がっています。 千葉のハマグリの鍋。 え〜!? そんなことが・・・。キーワードは、「獺祭」。
絶品ヒレカツです。 お気に入りは見つかりましたか? 最後は焼きそばでした。今年もよろしくお願いします。
戻る