top>活動状況について>定例会2005年>7月

 

日本酒の会 sake nagoya 「定例会」の報告

日時:2005年7月15日(金)
場所:旬彩処かのう(名古屋市中区三の丸一丁目)
テーマ:「鮎や季節の食材とともに」
採点者:10名 (ポイントは酒1本につき1人10ポイント、今回は100ポイント満点)

順位
銘柄/種別
製造
(産地)
価格
購入店舗
ポイント
今日の1位
に選んだ人
コメント
1位 花の舞
/純米吟醸
花の舞酒造
(静岡県)
1,575
(720ml)
三越栄店
74.5
1人
バランスが良い、
フルーティー
2位 黒龍
/純米大吟醸・生酒
黒龍酒造
(福井県)
5,250
(720ml)
酒のきまた
73
2人
ライト、上品、
鮎に合う
3位 七本槍
/純米吟醸・生原酒
冨田酒造
(滋賀県)
1,730
(720ml)
長浜の酒屋
72.5
2人
味わい深い、淡い
4位 瀧自慢
/純米大吟醸斗瓶取り ・生酒
瀧自慢酒造
(三重県)
2,310
(720ml)
シバタ
68.5
0人
旨みあり、
フルーティー
5位 大那
/純米酒
菊の里酒造
(栃木県)
1,120
(720ml)
富屋酒店
65
1人
すっきり、
飲みやすい
番外 蓬莱泉
/純米大吟醸・ 鑑評会出品酒
関谷醸造
(愛知県)
非売品
(720ml)
-
-
-
-



(注)このランキングは、単にメンバーの好みのみを基準にしたランキングであり、他意はありませんので、
ご了承ください。

(コメント)

今回のテーマは「鮎と旬の食材特集」です。
5月に続き、4タイプ分類で表して見ました。
今回の出品酒のセレクトは、鮎の産地をイメージしており、第1位の「花の舞」は天竜川の中流に位置する蔵です。
「かのう」さんには、鮎特集にふさわしく、お刺身から塩焼き、雑炊などご用意いただきましたが、
参加された皆さん、どのお酒が、どの料理にあいましたか?
前回の4タイプ分類の時と同様、「熟成タイプ」ではないお酒が、「熟酒」に入りましたが、良かったんでしょうかねぇ。
専門家の方、このページをご覧になりましたら、アドバイスいただけませんでしょうか。
また、番外編として、あの蓬莱泉「吟」の鑑評会出品酒が登場。なかなかお目にかかれないものだけに一瞬で空になりました。

 

彩りもよく、枝豆、里芋、すごくおいしい トマト
今日のお酒、鮎との相性はいかがですか?
旬の素材に顔もほころびます。
やっぱ、塩焼きでしょう。
鮎のお刺身。お塩で食べたのは初めてです。
最後は、鮎雑炊。
ごちそうさまでした。
 
[ 戻る ]